←Mさんの場合(4)へ

回復途上~継続

一日の仕事も順調、体調も元に戻る。ミーティング会場へ違和感なく通う自分がいた。
会場で他のグループの仲間との会話が楽しみの一つでもあった。住居が都外の為、帰り時間が22:00を過ぎる毎日だが、少しずつ「当たり前」の様に思えるようになって来ていた。
グループ内でのフェロー(ソフトボールや新年の食事会など、ミーティング以外の交流行事)が楽しみだった。お酒のない生活が自分にも出来るんだと実感する。数年断酒が続き、何か自分でできる事業を、と思い某会社に就職、一からのスタート…数年間で仕事場を立ち上げ4,5人で始める。野丁場の仕事が多く、朝5時頃家を出てしばらくの間は18時頃に帰るが、仕事が忙しくなって、ミーティングの時間に間に合わなくなって来る。そのようになったらどうなるか、自分自身沢山確認しているはずなのに?ミーティングが欠席がちになって行く日々。「忙しさにカマケテ」1日、3日、1週間と不参加が続くようになる。疲労からまたまた薬、お酒を使用するようになる。
仕事の方も受注が減ることなく薬+お酒で疲れを癒す毎日が続く。自分自身を大切にと思っているがなぜ…?道をそれて行くが自分一人では修正出来ない。何とかなるか?

次回「その結末は?」

Mさんの場合(6)へ→