←Mさんの場合(5)へ

逮捕・・・家族崩壊

二つの依存対象物が日毎にエスカレートして行くのが自分で良く分かるが、ここまで来るとどうにもならない状態。でも仕事場には車を走らせる。このような日々が数か月続く…
ある日の朝早く警察署の刑事さんが数名来てドアーをノックする。他人事のようにドアーを開ける自分。「参考人」として署へ連行され、事情聴取が始まるが、否定し続ける自分だった。2,3ヶ月前から内偵に入っていたらしく「証拠」がしっかり裏固めされていた。妻の職場に聞きこみ捜査が入っていたらしく(後で分かる)、知らせてくれない妻を憎む自分がいた。
留置後2週間位たったある日妻が面会に来て離婚届の用紙を付きつけられるが「なぜ」と唖然として言葉が出ない。言い合いの中用紙に署名、指印する。帰った後数日間「妻に対しての憎しみ・恨み」の苛立ちが続いた。心を落ち着け犯した罪のことを振り返るが、まだまだ正当化していた自分。取り調べの中「10日間の拘留・起訴・裁判」となり「判決1年半、執行猶予3年」を言い渡され外に出る。これからは「使わない・飲まない」生活をと心に言い聞かせ自分の車の中での生活が始まる。
日払いの仕事をし、生計を立てるが続かない。自分自身に誓った事が実行できないもどかしさ…「もう、どうでもいい」と投げやりな自分だった。自分の考え方を使い、正当化し続けている日々。過去プログラムから得た事が脳裏から離れて何もない状態。昔の考え行動に戻った今日一日を送っていた。方向性は元に向いている?1年も持たない2度目の逮捕・・・
次回 地獄へ落ちて行く人生

Mさんの場合(7)へ→