初めて自分の意志でお酒を飲んだのは、高校3年の時のスキー部の冬合宿でした。年末の年越しを部活仲間と楽しんでいたこともあって、初めてのお酒なのにボトル1本半ほど空けたような気がします。周りの部活仲間が次々と酔いつぶれていくのを介抱しながら「オレは酒が強いんだ!」と威勢のイイことを考えていました。でも楽しかったのはその数時間だけで、明け方からヒドイ吐き気と頭痛に襲われて、飲んだことを大いに後悔したのでした。翌日から二日酔いならぬ4日酔いにみまわれ、「もう二度と酒なんて飲まない!」と心に誓ったはずでしたが… 今アルコール依存症者としてなっているのはなぜでしょうか?… そのあたりの話しは次の機会にお話ししましょう。それでは次回お眼にかかれるのをお楽しみに!